大人の矯正 歯ならび矯正クリニック
 永久歯がはえそろった大人の方の矯正治療は「 II 期治療」といいます。矯正治療は、単に歯並びだけを治療するものではありません。かみ合わせや、口元の突出感を改善するのも、矯正治療の大きな目的です。自信をもてる美しい口元のために、まずはご相談ください。
いろんな歯並びの大人の治療例
上顎前突(出っ歯)
上の歯が下の歯よりも大きく前に出た状態。どこまでが正常か、線引きが難しいところですが、「上の歯が出ているのが気になる」という方は、一度ご相談ください。また、出っ歯が原因で、歯が折れたり、脱臼など外傷の危険があったり、唇が閉じづらい場合も矯正治療をおすすめします。
 
下顎前突/反対咬合(受け口)
下顎前突 下の歯が、上の歯よりも突き出た状態。一般的に「受け口」と呼ばれるものです。永久歯が生えそろう前の時期に治療を開始するのが一般的ですが、大人の方の治療も可能です。場合によっては、あごの手術を併用して矯正治療をすることがありますが、顎変形症の手術を受けられた場合、当院での矯正治療は保険適用となります。
 
叢生(八重歯)
叢生 歯がデコボコに生えている状態。いわゆる「八重歯」です。あごの大きさに比べ、歯が大きいことが原因です。歯が1本だけねじれて生えているものから、歯が生えるスペースが大幅に不足しているものまで、叢生の程度はさまざまです。叢生が原因で、口元が突出して見えることがありますが、矯正治療により改善が期待できます。
 
開咬
開咬 奥歯をかみしめたときに、前歯や横の歯がかみ合わない状態です。指しゃぶりや舌の突出癖が原因であることが多く、治療は子どものうちにはじめたほうがよいのですが、大人であっても、治療は可能です。場合によっては、抜歯や、手術を併用した矯正治療をおこなうことがあります。
 
上下顎前突
上下顎前突 一見、歯並びに問題がなくても、口元が突き出して、口を自然に閉じるのが困難な状態。矯正治療は、ただ歯を並べるだけのものではありません。美しい口元をつくるのも矯正治療の目的のひとつです。治療後は、口を自然と閉じられるようになり、口元の調和がとれて顔の印象も大きく変わります。
 
一般歯科との連携医療
当院では、一般歯科の先生と協力(コラボレーション)しての治療もおこなっています。これを連携歯科医療(インターディシプリナリーデンティストリー)といいます。一般歯科の治療をすすめるうえで歯並びの問題が障害となったときに、一般歯科の先生と連携をとって矯正治療をおこないます。
治療期間を短縮するために
治療期間を短縮し、痛みを軽減させるために 当院では超弾性ワイヤーを使用しております。
大人の矯正のお悩み
きちんとした矯正歯科医を見分ける5つのポイントを解説しています。治療を受ける矯正歯科医院を決める際のご参考に。
抜歯はできれば避けたいもの・・・。ですが、口元の調和などを考えると、結果的に抜歯をしたほうがいいケースもあります。
矯正治療の不安・お悩み、治療期間・治療費に関することなど、患者さんからよく受ける質問を中心にご説明しています。
矯正治療の流れです
このページのTOPへ
お問い合わせ 歯ならび矯正クリニック
トップページ | 歯ならび矯正クリニック | stage.B | キュア&ケア
矯正治療でこう変わる | 治療の流れ | オーダーメイドの矯正治療 | 子どもの矯正 | 大人の矯正
抜歯について | 矯正治療中のトラブル対処法 | 矯正治療後のメインテナンス | 矯正治療の症例集
良い矯正歯科医の見分け方 | 治療にあたってのご注意 | 矯正治療の料金 | 矯正治療Q&A
お問合せ・アクセス
Copyright© 歯ならび矯正クリニック All rights reserved. ctrl